フリーズドライのドッグフードおすすめ人気ランキング

ドッグフード


最近では、ペットフードの原材料にチキンやビーフだけではなく、ベニソン(鹿肉)やホース(馬肉)を使ったものが増えてきました。

それと同時に、お肉をフリーズドライにしてそのままドッグフードとして与えられる、新しい食事法も編み出されています。

そこで皆さんに質問です。

皆さんの中で、下記のような悩みや疑問を持っている方はいませんか?

  • 愛犬に最適なフリーズドライのドッグフードを探している。
  • フリーズドライドッグフードのメリットが知りたい。
  • フリーズドライドッグフードの選び方が知りたい。

フリーズドライのドッグフードは、まだそこまで一般的に認知されているものではありません。

そのため、どのフリーズドライドッグフードが愛犬に最適なのか、そもそもフリーズドライドッグフードを与えるメリットは何なのか知らない方も非常に多いです。

そこで今回は、フリーズドライドッグフードの人気おすすめランキングのご紹介や選び方、フリーズドライドッグフードを与えるメリット・デメリットについて解説していきます。

本記事を読むことで得られる具体的なメリットは、主に下記の3つです。

  • 愛犬に最適なフリーズドライのドッグフードが見つかる。
  • フリーズドライドッグフードのメリット・デメリットが分かる。
  • フリーズドライドッグフードの選び方が分かる。

本記事を参考に、あなたの愛犬に最適なフリーズドライのドッグフードを見つけましょう!

フリーズドライのドッグフードとは。

フリーズドライのドッグフードは、人間で言うと麩やフリーズドライの味噌汁と同じです。

従来のドッグフードとは違い、原材料に熱を通さず凍らせたのちに真空状態へ。

そこから一気に水分を飛ばして、乾燥させるといった手法で製造されたドッグフードです。

ドライフードとソフトドライの中間に属しているフリーズドライドッグフードは、指で簡単に潰せる柔らかさなのに乾燥した形状をしています。

フリーズドライドッグフードのメリット

ここからは、フリーズドライドッグフードのメリットについて解説していきます。

具体的なメリットとしては、主に下記の4つが挙げられます。

  • 通常のドライドッグフードよりも栄養価が高い
  • 軽量でかさばらない
  • 保存期間が長い
  • 与え方のアレンジ方法が多い

それでは1つずつ解説していきます。

通常のドライドッグフードよりも栄養価が高い

フリーズドライのドッグフードは、従来のドッグフードとは違って熱を加えていません。

そのため、栄養素が壊れずに高い栄養価を実現しています。

また、通常のドッグフードよりタンパク質の量も多いため、愛犬の体をより健康的に育む効果が得られるでしょう。

軽量でかさばらない

フリーズドライドッグフードは、一度乾燥させているためか軽量でかさばりにくいです。

そのため、愛犬と旅行やドッグランによく出かける方と相性抜群。

持ち歩きにも便利のため、外出時のちょっとした軽食に最適ですよ。

保存期間が長い

フリーズドライのドッグフードは、従来のドッグフードよりも長期にわたって保存できます

腐りにくいだけでなく、災害時の非常食としても大活躍。

防災グッズと一緒にフリーズドライのドッグフードを備えておけば、愛犬の食事に困ることもありません。

与え方のアレンジ方法が多い

フリーズドライドッグフードは、与える際にたくさんのアレンジができます。

具体的には、下記のようなもの。

  • そのまま与える
  • お湯でふやかして、ウェットフードのように与える
  • おやつとして与える
  • 粉々に砕いて、ドッグフードのトッピングとして使う

これだけ多彩なアレンジができるドッグフードは、ほかにそうそうありません。

フリーズドライドッグフードのデメリット

フリーズドライドッグフードのメリットが分かったところで、気になるのはデメリットはないのかどうかですよね。

ここからは、フリーズドライドッグフードのデメリットについて解説していきます。

具体的なデメリットとしては、主に下記の2つ。

  • 酸化速度が早い
  • 値段が高い

それでは1つずつ解説していきます。

酸化速度が早い

フリーズドライドッグフードは、一度開封してしまうと従来のドッグフードよりも早く酸化してしまいます

そのため、開封後はなるべく早く使い切るようにしましょう。

値段が高い

フリーズドライドッグフードは、時間がかかる製法からどれも値段が高い傾向があります。

通常のドライフードよりもかなり値段の差があるため、コストを気にされる飼い主さんだと少し戸惑ってしまうことも。

そのため、主食としてではなくドッグフードへのトッピングとして使用するのも良いでしょう。

消費量も抑えることができ、コスト削減にも繋がりますよ。

フリーズドライのドッグフードはどんな犬におすすめ?

フリーズドライドッグフードのメリット・デメリットは分かりましたが、一体どのような犬に与えるのが良いのでしょうか。

具体的には、下記のような犬に与えるのがおすすめです。

  • 成長のために多大な栄養が必要な子犬
  • 食欲や消化機能が低下しているシニア犬
  • 運動量が多い犬種

基本的には、子犬から成犬、シニア犬にわたって生涯答え続けられるドッグフードなので、健康促進に大いに効果のあるドッグフードと言えるでしょう。

フリーズドライドッグフードの選び方

ここからは、フリーズドライドッグフードの選び方について解説していきます。

おすすめの選び方としては、主に下記の3つ。

  • 主原料の動物性タンパク質で選ぶ
  • 無添加のフリーズドライドッグフードを選ぶ
  • 値段で選ぶ

それでは1つずつ解説していきます。

主原料の動物性タンパク質で選ぶ

フリーズドライドッグフードに使われている原材料には、さまざまな種類があります。

愛犬のアレルギーや健康状態を考慮して、主原料とされている動物性タンパク質の種類で選ぶと良いでしょう。

ビーフやチキンだけでなく、ベニソン、ホースなど多彩なため、その選び方も多岐にわたりますよ。

無添加のフリーズドライドッグフードを選ぶ

どのドッグフードにも当てはまりますが、無添加のフリーズドライドッグフードを選ぶのは当然のこと。

愛犬の健康を維持するために必要のない成分のため、なるべく避けてあげるのがベストです。

値段で選ぶ

先ほども解説しましたが、フリーズドライドッグフードは従来のドッグフードよりも値段が高めです。

そのため、少しでもコストを削減するためにも値段で選ぶのも良いでしょう。

値段が安くても栄養価が高いフリーズドライドッグフードもあるため、原材料とコストを天秤にかけながら選ぶようにしましょう。

フリーズドライのドッグフード人気おすすめランキング5選

皆さんお待たせいたしました!

ここからは、フリーズドライのドッグフード人気おすすめランキング5選をご紹介していきます。

本ランキングを参考に、あなたの愛犬に最適なフリーズドライドッグフードを見つけましょう!

1位 K9Natural(ケーナインナチュラル) ラム・フィースト

「K9Natural(ケーナインナチュラル) ラム・フィースト」は、ニュージランドで放牧され育ったラムを主原料としたフリーズドライドッグフードです。

L-カルニチンを豊富に含んでいるため、優れた脂肪燃焼効果を実現。

また、ニュージーランド緑イ貝を筆頭に関節ケアにもしっかり配慮しています。

さらには、未洗浄の胃袋(ラム・グリーントライプ)を使っているため、消化吸収・腸内環境共に改善してくれますよ。

参考価格 6,107円(税込):500g
100gあたり
カロリー 572kcal/100g
主原料 ラム
原産国 ニュージーランド
対応年齢 全年齢対象
賞味期限 未開封で2年
販売元 株式会社K9ナチュラルジャパン

良い口コミ

  • 食欲のない愛犬がガッついて食べてくれるようになった。
  • ドッグフードにトッピングして優れた栄養補助食として使っている。

悪い口コミ

  • 値段が高すぎてとてもじゃないが続けれられない。
  • カロリーが高すぎる。
**K9Natural(ケーナインナチュラル) ラム・フィーストの購入はこちら**

2位 モグキューブ

「モグキューブ」は、K9Natural(ケーナインナチュラル) ラム・フィーストと同じく、ラムを主原料としたフリーズドライドッグフードです。

ニュージーランド緑イ貝アマ二油魚油など、関節ケアに効果的な原材料をふんだんに使用。

子犬の発育を促すだけでなく、シニア犬の関節サポートにも非常に効果的ですよ。

参考価格 6,160円(税込):425g
100gあたり
カロリー 485kcal/100g
主原料 ラム
原産国 ニュージーランド
対応年齢 全年齢対象
賞味期限 未開封で1.5年
販売元 株式会社レティシアン

良い口コミ

  • 愛犬がシニアになっても元気に歩いてくれている。
  • ビタミンDが豊富に含まれているため、運動好きな愛犬に与え続けている。

悪い口コミ

  • 値段が少し高い。
  • ネットショップで売り切れだった場合、定期購入しか方法がない。
**モグキューブの購入はこちら**

3位 woof(ワフ) ワイルドブラッシュテイル レシピ

「woof(ワフ) ワイルドブラッシュテイル レシピ」は、世界的にも珍しいワイルドブラッシュテイル(フクロギツネ)を原材料に使用した、フリーズドライドッグフードです。

食物アレルギーになりにくい原材料であるほか、マヌカハニーチアシードバージンココナッツオイルケルプなども使用。

愛犬の免疫力や脳、目の発育に大きな効果が期待できるでしょう。

参考価格 1,830円(税込):50g
100gあたり
カロリー 412.6kcal/100g
主原料 ワイルドブラッシュテイル
原産国 ニュージーランド
対応年齢 全年齢対象
賞味期限 未開封で1.5年
販売元 THE NZ NATURAL PET FOOD CO.

良い口コミ

  • 食物アレルギーの愛犬にも安心して与えられる。
  • 値段も安く、非常に与え続けやすい。

悪い口コミ

  • ワイルドブラッシュテイルに関する情報が少なくて与えづらい。
  • 内容量が少なすぎてトッピングにしか使用できない。
**woof(ワフ) ワイルド ブラッシュテイル レシピの購入はこちら**

4位 インスティンクト raw BOOST リアルチキン

「インスティンクト raw BOOST リアルチキン」は、主原料であるチキンのドライフードをベースに、フリーズドライチキンをトッピングしたドッグフードです。

高い天然プロバイオティクス効果を持っているため、愛犬の消化器官を手厚くサポート。

また、オメガ3脂肪酸オメガ6脂肪酸をバランス良く配合しているため、愛犬の皮膚・被毛ケアにも最適ですよ。

参考価格 1,320円(税込):320g
100gあたり
カロリー 443kcal/100g
主原料 チキン
原産国 アメリカ
対応年齢 全年齢対象
賞味期限 未開封で1.5年
販売元 株式会社インスティンクト・ジャパン

良い口コミ

  • タンパク質が高く、子犬の時期から愛用しています。
  • フリーズドライチキンとセットで販売しているため、コスパがとても良い。

悪い口コミ

  • チキンアレルギーのある愛犬には与えられない。
  • 食いつきがあまり良くない。
**インスティンクト raw BOOST リアルチキンの購入はこちら**

5位 K9Natural(ケーナインナチュラル) ラム・グリーントライプ

「K9Natural(ケーナインナチュラル) ラム・グリーントライプ」は、ニュージランド産ラム・グリーントライプを100%使用した、フリーズドライの栄養補助食です。

未消化の牧草等がみっちり詰まったグリーントライプは、愛犬の消化吸収機能の改善にとても最適。

ただし、こちらはドッグフードと同じ形状をしていますが、総合栄養食ではないことだけは要注意。

必ずドッグフードのトッピングとして使用しましょう。

参考価格 4,356円(税込):200g
100gあたり
カロリー 416.5kcal/100g
主原料 ラム・グリーントライプ(胃袋)
原産国 ニュージーランド
対応年齢 全年齢対象
賞味期限 未開封で2年
販売元 株式会社K9ナチュラルジャパン

良い口コミ

  • 犬の食欲を刺激する独特の香りがするため、食欲が前より増えた気がする。
  • 毛艶がとてもツヤツヤになった。

悪い口コミ

  • 与えすぎたからか愛犬が下痢を起こしてしまった。
  • 香りが苦手で与え続けられない。
**K9Natural(ケーナインナチュラル) ラム・グリーントライプの購入はこちら**

フリーズドライのドッグフード人気商品比較一覧表

参考価格 100gあたり カロリー 主原料 原産国 対応年齢 賞味期限 販売元
K9Natural(ケーナインナチュラル) ラム・フィースト 6,107円(税込):500g 572kcal/100g ラム ニュージーランド 全年齢対象 未開封で2年 株式会社K9ナチュラルジャパン
モグキューブ 6,160円(税込):425g 485kcal/100g ラム ニュージーランド 全年齢対象 未開封で1.5年 株式会社レティシアン
woof(ワフ) ワイルド ブラッシュテイル レシピ 1,830円(税込):50g 412.6kcal/100g ワイルドブラッシュテイル ニュージーランド 全年齢対象 未開封で1.5年 THE NZ NATURAL PET FOOD CO.
インスティンクト raw BOOST リアルチキン 1,320円(税込):320g 443kcal/100g チキン アメリカ 全年齢対象 未開封で1.5年 株式会社インスティンクト・ジャパン
K9Natural(ケーナインナチュラル) ラム・グリーントライプ 4,356円(税込):200g 416.5kcal/100g ラム・グリーントライプ(胃袋) ニュージーランド 全年齢対象 未開封で2年 株式会社K9ナチュラルジャパン

ドッグフードのトッピングに!フリーズドライのおすすめおやつ3選

フリーズドライ製法が使われているのは、ドッグフードだけではありません。

実は、犬のおやつにもフリーズドライ製法が使われているのです。

ここからは、トッピングに最適なフリーズドライのおすすめおやつ3選をご紹介していきます。

1位 ママクック フリーズドライのレバー

「ママクック フリーズドライのレバー」は、国産の新鮮な鶏レバーを使用したフリーズドライのおやつです。

フリーズドライ製法により、レバーの濃厚な美味しさと栄養を凝縮。

愛犬にドッグフードと変わらない栄養を与えることができますよ。

参考価格 479円(税込):24g
100gあたり
カロリー 420kcal
主原料 チキン
原産国 日本
対応年齢 6ヵ月以上対象
賞味期限 未開封で1.5年
販売元 ママクック株式会社

良い口コミ

  • お湯でふやかすと、生きたチキンを与えているような香りが漂う。
  • 指で簡単に砕けるため、ドッグフードにふりかけて与えています。

悪い口コミ

  • 愛犬がチキンアレルギーを持っているため断念しました。
  • 愛犬が下痢を起こしてしまった。
**ママクック フリーズドライのレバーの購入はこちら**

2位 素材そのまま フリーズドライ For Dog ササミ

「素材そのまま フリーズドライ For Dog ササミ」は、チキンをフリーズドライさせた無添加おやつです。

一口サイズの食べやすい形状のため、愛犬の嗜好性を向上。

おやつとしてはもちろん、細かく砕いてドッグフードのトッピングにもお使いいただけます。

参考価格 636円(税込):27g×3個
100gあたり
カロリー 411kcal
主原料 チキン
原産国 中華人民共和国
対応年齢 3か月以上対象
賞味期限 未開封で2年
販売元 株式会社ペティオ

良い口コミ

  • 値段が安くコストパフォーマンスが抜群に良い。
  • ふりかけ状にも使用できるし、アレンジ方法が多彩。

悪い口コミ

  • チキンアレルギーがあるので与えられない。
  • 値段が安すぎて少し心配。
**素材そのまま フリーズドライ For Dog ササミの購入はこちら**

3位 dot wan(ドットワン) フリーズドライ 納豆

「dot wan(ドットワン) フリーズドライ 納豆」は、その名の通り納豆をフリーズドライさせた犬用おやつです。

栄養豊富で整腸作用のある納豆は、愛犬に与えることで腸内環境を整える効果を発揮。

さらには、フリーズドライ製法により生きた乳酸菌をそのまま摂取できるため、愛犬の消化機能にも高い効果を得られますよ。

参考価格 1,650円(税込):150g
100gあたり
カロリー 409kcal
主原料 納豆
原産国 日本
対応年齢 6ヵ月以上対象
賞味期限 未開封で1.5年
販売元 株式会社ピュアボックス

良い口コミ

  • 納豆特有のねばねば感も生きているからか、愛犬が美味しそうに食べてくれている。
  • 愛犬の消化不良予防に重宝しています。

悪い口コミ

  • 納豆の味が苦手なのか愛犬の食いつきが悪い。
  • 内容量が少ないわりに値段が高め。
**dot wan(ドットワン) フリーズドライ 納豆の購入はこちら**

フリーズドライのおやつ人気商品比較一覧表

参考価格 100gあたり カロリー 主原料 原産国 対応年齢 賞味期限 販売元
ママクック フリーズドライのレバー 479円(税込):24g 420kcal チキン 日本 6か月以上対象 未開封で1.5年 ママクック株式会社
素材そのまま フリーズドライ For Dog ササミ 636円(税込):27g×3個 411kcal チキン 中華人民共和国 3か月以上対象 未開封で2年 株式会社ペティオ
dot wan(ドットワン) フリーズドライ 納豆 1,650円(税込):150g 409kcal 納豆 日本 6か月以上対象 未開封で1.5年 株式会社ピュアボックス

愛犬の年齢別ドッグフード給仕量

愛犬にフリーズドライドッグフードを与える際は、必ず適切な給仕量を意識しましょう。

もし過度な給仕量を愛犬に与えてしまうと、下痢や嘔吐といった症状を引き起こすかもしれません。

愛犬に適切な給仕量は、下記の順で計算すれば求められます。

  1. 安静時のエネルギー要求量 = 30 × 体重 + 70
  2. 1日に必要なエネルギー量 = 安静時のエネルギー要求量 × 係数
  3. 1日に必要な給仕量 = 1日に必要なエネルギー量 ÷ ドッグフード1gあたりのカロリー

また、係数も愛犬の健康状態やライフステージによってさまざまなため、下記の表を見ながら計算してみてください。

4か月未満 係数3.0
4~9か月 係数2.5
10~12か月 係数2.0
去勢・避妊をしていない成犬 係数1.8
去勢・避妊をした成犬 係数1.6
肥満気味 係数1.4
妊娠中(42日以内) 係数1.8
妊娠中(43日以降) 係数3.0
授乳中 係数4.8
7歳以上 係数1.4

それでは、愛犬の年齢別給仕量を詳しく解説していきます。

愛犬が子犬の場合

子犬は、成犬よりも消化機能がまだまだ未熟です。

そのため、必ず1日の給仕量を4回に分けて与えましょう。

その後は、3か月目を目安に3回に調整。

6ヵ月前後になると1日2回で与えても問題ありません。

子犬が消化不良を引き起こさないように、常に体調には気を配りながら給仕量を調整するようにしましょう。

愛犬が成犬の場合

成犬には、体重の1.2%程度の給仕量で与えるのがおすすめ。

食事回数も1日2回で継続し、愛犬の健康状態を観察しながらその都度給仕量、食事回数を調整すると良いでしょう。

愛犬が老犬の場合

老犬は、成犬よりも消化率や代謝率が衰えています

そのため、なるべく消化器官に負担をかけさせない食事を心がけるのがベスト。

成犬に与える給仕量から20~30%程度減らしつつ1日の食事回数も3回に分けると良いでしょう。

フリーズドライのドッグフードに関するQ&A

最後に、フリーズドライドッグフードに関する質問について回答していきます。

Q.フリーズドライドッグフードの食いつきはどう?
A.フリーズドライドッグフードは、従来のドッグフードよりも食いつきが良い傾向があります。理由としては、原材料をそのまま乾燥させていること。栄養や味が熱によって劣化していないため、犬の嗜好に合った美味しさを実現できているのです。
Q.エアドライのドッグフードとの違いは?
A.フリーズドライドッグフード以外にも、従来とは違った特殊な製法をとったエアドライドッグフードと呼ばれるものがあります。エアドライ製法とは、原材料を熱風で乾燥させること。つまり、フリーズドライとは違ったジャーキーのようなキブル(粒)が出来上がるのです。どちらも栄養価は変わらず高いですが、味やアレンジ方法に違いがあるため、愛犬や飼い主さんの好みに合わせて使い分けると良いでしょう。

【まとめ】フリーズドライのドッグフードは高価だが試してみる価値はあり

いかがでしたか。

ランキングを見ていただいたら分かる通り、フリーズドライドッグフードはどれも高価なものばかりです。

しかし、その栄養価はかなりの高さであり、愛犬の健康を促進するうえで大きな効果を発揮してくれるでしょう。

愛犬に試してみる価値は間違いなくあるため、ぜひ本記事を参考にフリーズドライドッグフードを試してみてはいかがでしょうか。