ドッグフードの犬用食器お皿おすすめランキング

ドッグフード


皆さんは、愛犬にドッグフードを与える際はどのようにして与えていますか?

おそらくほとんどの方が、犬用のお皿を使用してドッグフードを与えているかと思います。

しかし、普段使っているお皿になかなか満足できず、新しくお皿を新調しようか考えている方も多いでしょう。

そこで皆さんに質問です。

皆さんの中で、下記のような悩みを持っている方はいませんか?

  • 愛犬にドッグフードを与える際の最適なお皿が知りたい。
  • ドッグフードを与えるお皿の種類が多すぎて選べない。

普段はあまり深く考えていなかったお皿でも、愛犬に最適なお皿はどれか考えると意外と分からないもの。

そこで今回は、愛犬にドッグフードを与えるお皿の選び方や、おすすめの人気お皿ランキングをご紹介していきます。

本記事を読むことで得られる具体的なメリットは、下記の2つです。

  • 愛犬にドッグフードを与える際の最適なお皿が分かる。
  • ドッグフードを与えるお皿の選び方が分かる。

それでは解説していきます。

愛犬にドッグフードを与えるお皿の選び方

ドッグフードを与えるお皿の選び方には、主に下記の4つが挙げられます。

  • お皿の材質で選ぶ
  • お皿の大きさ・形状で選ぶ
  • 土台の有無で選ぶ
  • 早食い防止用のお皿を選ぶ

それぞれ特性が違っているため、あなたの愛犬に合った特性を考慮しつつお皿を選んでいきましょう。

それでは1つずつ解説していきます。

お皿の材質で選ぶ

まずはドッグフードを与えるお皿の材質を選びましょう。

ドッグフードを与えるお皿の材質には、主に下記のような種類があります。

  • プラスチック
  • 陶器
  • ステンレス

愛犬がドッグフードを食べやすい安定感と、飼い主さんの扱いやすさに注目してみると、お皿も選びやすくなりますよ。

お皿の大きさ・形状で選ぶ

お皿の大きさや形状は、愛犬の食べやすさにかなり直結します。

例えば、直径が小さいお皿は長い耳の犬種に。

底が浅いお皿はマズルが短い犬種に。

このように、愛犬の犬種ごとにお皿の大きさや形状を考えてあげることで、ドッグフードを食べる際のストレスをかなり低減させてあげられるでしょう。

土台の有無で選ぶ

ドッグフードを与えるお皿に土台が付いていれば、主に下記のようなメリットが得られます。

  • お皿の滑り止め
  • ドッグフードが喉に詰まるの防ぐ
  • 腰や首の負担が少なくなる

愛犬がドッグフードを食べる姿勢を矯正してあげることによって、健康促進に良いさまざまなメリットを得ることができますよ。

また、食事中のお皿のズレも防ぐことができるため、愛犬のストレス削減にもつながります。

早食い防止用のお皿を選ぶ

ドッグフードを勢いよく食べて巻き戻してしまう愛犬には、早食い防止用のお皿を選んであげましょう。

隆起のある特殊な構造をしていて、あえてドッグフードが食べにくくなるようにした設計。

このおかげで、愛犬がドッグフードを食べきる時間が長くなり消化不良や腸閉塞といったさまざまなトラブルを予防することができますよ。

ドッグフードを与えるお皿の材質による違い

ここからは、ドッグフードを与えるお皿の材質による違いについて詳しく解説していきます。

プラスチック製のお皿

プラスチック製のお皿は、100均などでも販売されているほど値段が格安です。

また、万が一落としてしまっても陶器のように割れてしまう心配がありません

さらにはお皿自体が軽いため、毎日の食器洗いでも簡単に扱うことができるでしょう。

反対にデメリットとしては、主に下記の2つが挙げられます。

  • 細かな傷がつく
  • 噛み癖のある愛犬なら破片で怪我をする

目に見えない細かな傷がつくため、雑菌の繁殖がかなりしやすいです。

また、噛み癖のある愛犬なら、お皿を噛んだ際にプラスチックの破片で怪我をする可能性も。

そのため、愛犬の性格をしっかり考慮して選択する必要があるでしょう。

使用感 軽くて洗いやすい
コスト かなり安い

陶器製のお皿

陶器製のお皿は、長く扱っていても傷がつきにくいというメリットがあります。

そのため、耐久性や雑菌の繁殖率がかなり低めです。

また、お皿に重みがあるため、食事中のお皿のズレをしっかり軽減してくれるでしょう。

ちなみにデメリットとしては、主に下記のとおりです。

  • 重量があるため洗いづらい
  • 落としてしまったらすぐに割れてしまう

扱いやすさに少し問題があるため、丁寧に扱わないといけないという点はしっかり覚えておきましょう。

使用感 長く使用しても傷がつきにくい
雑菌繁殖率 かなり低い
食事しやすさ お皿がズレにくい

ステンレス製のお皿

ステンレス製のお皿は、陶器製と同じく傷がつきにくいです。

また、万が一落としてしまっても割れてしまう心配がありません

噛み癖のある愛犬でも問題なく使用できる高い耐久性も持っているため、汎用性はかなり高いと言っても良いでしょう。

デメリットとしては、主に下記の2点。

  • 値段が高額
  • 粗悪品なら金属アレルギーを引き起こす可能性がある

コストがかなりかかってしまう点はもちろん、安い粗悪品を購入してしまうと、中の金属が溶け出してしまう可能性も。

愛犬が金属アレルギーを引き起こす原因になってしまうため、購入する際はなるべく金額も相当なお皿を選ぶようにしましょう。

使用感 長く使用しても傷がつきにくい
雑菌繁殖率 かなり低い
食事しやすさ 皿が割れる心配がなく食事も安心

愛犬にドッグフードを与える際に最適なお皿人気おすすめランキング5選

ここからは、愛犬にドッグフードを与える際に最適なお皿人気おすすめランキング5選をご紹介していきます。

ぜひ、あなたの愛犬に合ったお皿探しの参考にしてみてくださいね。

1位 ハッピーダイニング 脚付フードボウル 犬柄・犬用 シリコン付き

「ハッピーダイニング 脚付フードボウル 犬柄・犬用 シリコン付き」は、可愛らしいデザインが特徴の犬用食器です。

お皿の底に滑り止めのカバーが接着されているため、食事中のお皿のズレをしっかり防止。

また、器の高さもかなり緻密に設計されており、愛犬が無理な姿勢でドッグフードを食べないように工夫されています。

骨や肉球をイメージしたデザインも可愛らしく、毎日の食事をキュートに彩ってくれますよ。

参考価格 1,368円(税込)
サイズ展開 1サイズ
素材 陶器
機能 ハイスタンド
販売元 株式会社猫壱

良い口コミ

  • 愛犬がお皿に当たっても全然ズレない。
  • 高さが丁度良いので愛犬の負担をかなり軽減できている。

悪い口コミ

  • 独特な形状をしているため少し洗いにくい。
  • もう少し軽ければ扱いやすかった。
**ハッピーダイニング 脚付フードボウル 犬柄・犬用 シリコン付きの購入はこちら**

2位 カタカタ鳴らないツインディッシュ

「カタカタ鳴らないツインディッシュ」は、ゴムのついたスタンドが付属している点が特徴のお皿です。

裏側のゴムが高い安定感を実現しており、ドッグフードを食べているカタカタ音をかなり軽減してくれます。

また、器がかなり深く設計されているため、愛犬の歯が当たらず快適にドッグフードを食べることができますよ。

参考価格 648円(税込)
サイズ展開 S.Mサイズ
素材 ステンレス
機能 スタンド付属
販売元 ドギーマンハヤシ株式会社

良い口コミ

  • 食事中の音が本当に鳴らなくなった。
  • お皿が深く設計されているのでかなりドッグフードを盛ってもこぼれない。

悪い口コミ

  • 思っていたより高さがない。
  • 当たっているうちにラバーが剝がれてしまう。
**カタカタ鳴らないツインディッシュの購入はこちら**

3位 ハイスタンドペットボウル 小鉢 チェリーレッド

「ハイスタンドペットボウル 小鉢 チェリーレッド」は、人間用のキッチン用品で有名なメーカー「ル・クルーゼ」が販売している犬用のお皿です。

陶器でできたずっしり感のあるお皿は安定性も高く優れたデザイン性も大きな魅力と言えるでしょう。

器の部分も犬が食べやすい広い形状になっているため、ストレスなくドッグフード食べることができるでしょう。

参考価格 3,962円(税込)
サイズ展開 1サイズ
素材 陶器
機能 ハイスタンド
販売元 ル・クルーゼ・ジャポン株式会社

良い口コミ

  • デザインがとにかくおしゃれ。
  • 口が広いため愛犬も食べやすそう。

悪い口コミ

  • 値段がお皿にしては高すぎる。
  • かなり重いため取り扱いに注意が必要。
**ハイスタンドペットボウル 小鉢 チェリーレッドの購入はこちら**

4位 ステンレススチールボウル

「ステンレススチールボウル」は、犬がドッグフードを食べやすい角度に設計された、理想的な形状のお皿です。

ドッグフードが奥に行かず手前に戻ってくる形状となっているため、愛犬がストレスなくドッグフードを食べることが可能。

また、テーブルやマットの上でも安定感が抜群に良く、食事中にお皿がずれていく心配もありません。

参考価格 1,274円(税込)
サイズ展開 S.M.Lサイズ
素材 ステンレス
機能 スタンド付属
販売元 SuperDesign

良い口コミ

  • サイズ展開も豊富でどんな犬種にも対応できる。
  • 角度が絶妙で愛犬の口にピンポイントでお皿が来る。

悪い口コミ

  • もう少し高さがあれば完璧だった。
  • 二重構造をしているので洗浄が少し面倒くさい。
**ステンレススチールボウルの購入はこちら**

5位 早食い防止フードボウル スローフード

「早食い防止フードボウル スローフード」は、愛犬が楽しく食事できるをコンセプトに製造された、早食い防止用知育食器です。

種類ごとに形状が違う隆起が付いており、早食い防止だけでなく、愛犬の知能を鍛えるトレーニングも可能。

毎日違ったお皿でドッグフードを与えれば、愛犬も飽きることなく食事を楽しむことができますよ。

参考価格 1,299円(税込)
サイズ展開 1サイズ
素材 プラスチック
機能 早食い防止・知育
販売元 UOUHAIO

良い口コミ

  • こんな形状のお皿は初めてです、とても画期的。
  • 愛犬が楽しそうにドッグフードを取り出しながら食べています。

悪い口コミ

  • お皿ごとひっくり返してしまって意味がない。
  • 形状が特殊なため洗いづらい。
**早食い防止フードボウル スローフードの購入はこちら**

愛犬にドッグフードを与える際に最適なお皿おすすめ商品比較一覧表

参考価格 サイズ展開 素材 機能 販売元
ハッピーダイニング 脚付フードボウル 犬柄・犬用 シリコン付き 1,368円(税込) 1サイズ 陶器 ハイスタンド 株式会社猫壱
カタカタ鳴らないツインディッシュ 648円(税込) S.Mサイズ ステンレス スタンド付属 ドギーマンハヤシ株式会社
ハイスタンドペットボウル 小鉢 チェリーレッド 3,962円(税込) 1サイズ 陶器 ハイスタンド ル・クルーゼ・ジャポン株式会社
ステンレススチールボウル 1,274円(税込) S.M.Lサイズ ステンレス スタンド付属 SuperDesign
早食い防止フードボウル スローフード 1,299円(税込) 1サイズ プラスチック 早食い防止・知育 UOUHAIO

お皿で食べない場合は無理にお皿であげなくてもいい

犬を飼われている飼い主さんに時折見られる悩みの1つが、愛犬がドッグフードをお皿で食べないということ。

結論から言うと、ドッグフードをお皿で食べないからといって特に問題はありません

例えば、愛犬によってはドッグフードを地面に落としてから食べたり人間の手からしか食べない性格の子もいます。

一番ベストな食事方法としては、無理にお皿での食事にこだわらず、愛犬のストレスにならない食事方法をとると良いでしょう。

ドッグフードを与えるお皿に関するQ&A

ここからは、愛犬にドッグフードを与えるお皿に関する疑問について回答していきます。

Q.自動給餌器を使うメリットは何?
A.自動給餌器には、飼い主さんの留守中でもドッグフードを与えることができるタイマーが内蔵されています。そのため、飼い主さんがどうしてもドッグフードを与えられないタイミングでも、決まった時間に自動で給餌してくれるのです。さらには、お皿と給餌器がセットで販売されているため、ドッグフードを与えるお皿選びが難航している方でも、気軽に購入することができますよ。
Q.折りたたみ式のお皿を使うタイミングって?
A.折りたたみ式のお皿は、お散歩やアウトドアなどの携帯用として最適です。とても軽量でかさばることがなく、カバンに取り付けることも可能なので持ち運びも簡単です。また、災害時の防災グッズとしての役割も。避難所などでは人間用の食器しか用意されていないので、愛犬になるべくストレスをかけずにドッグフードを与えるためのツールとしても役立ちますよ。
Q.犬用のお皿は毎日洗ったほうが良い?
A.人間用の食器を毎日洗っているのと同じく、犬用のお皿も毎日洗浄しましょう。もしドッグフードの汚れなどが残っていると、そこから雑菌の繁殖を促してしまうかもしれません。そのため、構造が複雑なお皿重すぎて洗いにくいお皿は選ばない方が良いでしょう。

【まとめ】愛犬の特徴に合ったお皿を選ぼう

いかがでしたか。

ドッグフードを与えるお皿の種類はさまざまで、その特性も幅広いです。

そのため、愛犬の性格や飼い主さんの扱いやすさを考慮してお皿を選ぶのが大切と言えるでしょう。

ぜひ本記事を参考に、愛犬にドッグフードを与えるための最適なお皿を見つけてみてくださいね。