ミニチュアピンシャーにおすすめのドッグフード

ドッグフード


口コミ・評判付き!ミニチュアピンシャーにおすすめのドッグフードランキング2021

ファンから「ミニピン」という愛称で親しまれているミニチュアピンシャーは、見た目からドーベルマンを小型に品種改良された犬種と思われている方も多いですが、その発端は約300年前とドーベルマンより約100年古く、ドイツで害獣駆除用として飼育されていたヘル・ピンシャーという犬種から派生したと言われています。

性格は朗らかでやや無鉄砲、小鹿やバンビを思わせる引き締まった体格をしていて運動能力が非常に高く、警戒心が強いため初対面の人にはなかなか懐きませんが、飼い主には極めて忠実で愛情を持ってしつければ、あまり粗相をしない「お行儀のよい飼いやすい子」に成長してくれます。

体高と体長がほぼ同じスクエアなスタイルをしていて、スリムでありながら筋肉質いわゆる「細マッチョ」で丈夫な体幹を持っていますが、

  • 骨折や脱臼
  • 糖尿病&動脈硬化
  • 皮膚炎
  • 白内障

などにかかりやすい傾向にあります。

そこで今回は、明るい性格で活発なミニチュアピンシャーが、元気で長くそして何より「らしく」暮らしていくためおすすめしたいドッグフードランキングを、口コミ・評判付きで紹介したいと思います。

元気に駆け回る元気と体力を保ちたい!ミニチュアピンシャーにぴったりなドッグフード選びのポイント

部屋中所狭しと元気で駆け回るのがミニチュアピンシャー本来の姿、まずはシニア犬になっても変わらぬ体力を維持するため必要となる栄養素など、抑えておくべきドッグフード選びのポイントを整理しておきましょう。

ポイント1 骨・関節をサポートする栄養素が入ったドッグフードであること

ミニチュアピンシャーの標準体重は、各種テリアやミニチュアダックスなどと同じ4~6kg程度、標準体高も他の小型犬と大差ありませんが、骨太なうえその周りを筋肉がしっかり覆っている、「サラブレット・ホース」のような体つきをしています。

しかし、活発で何事にも物おじしない性格もあって動きが非常に激しいため、普段から捻挫・擦過傷などちょっとしたけがを負いやすいほか、ソファーなどの家具から大ジャンプしたはずみで骨折したり、関節を痛めてしまうことも多々あります。

ですので、

  • カルシウム
  • マグネシウム

といった骨の材料となるミネラルや、

  • コンドロイチン
  • グルコサミン
  • オメガ3脂肪酸

など関節の衝撃を吸収する軟骨の構成要素や腫れや痛みを緩和し炎症を抑えてくれる成分を、適切な量バランスよく配合したドッグフードを選んであげましょう。

また、関節トラブルのうち、膝のお皿が大腿骨から外れてしまう「膝蓋骨脱臼」は、成長期における骨・靭帯・筋肉の形成異常などといった先天的原因もありますが、フローリングにクッション材を敷いたり庭に芝を植えたりすることで、幾分発症を予防することができるので試してみましょう。

ポイント2 高たんぱく・低脂質・低カロリーが基本

ミニチュアピンシャーは豊富な運動量とそれを支える筋肉質で引き締まったからだ持ち味ですが、非常に食欲旺盛な犬種でもあるため、給仕量が多すぎたり散歩時間や遊びに付き合う回数が不足するとたちまち肥満傾向を示し、その結果「糖尿病」や「動脈硬化」などといった生活習慣病を引き起こしてしまいます。

まず大切なのは、余計な脂肪を燃焼しエネルギーに変える筋肉の材料「たんぱく質」を積極的に摂取すること、その上で低脂質・低カロリーな食材をメインに使っているフードを選んで与えるようにすべきです。

高たんぱくな食材と言えば、肉・魚・卵・乳・大豆製品が代表的ですが、なかでも

  • 鶏ムネ肉・鶏ささみ
  • カモ肉・ラム肉
  • サーモン
  • 大豆

などは低脂質・低カロリーなので、これらを多く使用しているか原材料欄を必ずチェックしておきましょう。

また、ミニチュアピンシャーは食欲旺盛でかなりドカ食い・一気食いをする癖があるにもかかわらず、胃腸はそんなに強くない犬種であるため、いくら高たんぱくで良質な原材料を使っていても、しっかり消化・吸収できなければ意味をなさず、かえって胃腸トラブルや肥満の原因になりかねません。

ですので、消化性の良いたんぱく質が使われているかや、腸内環境を整え相加・吸収能力を高める食物繊維やプレバイオティックスを配合したフードを選んであげましょう・

ポイント3 ビタミン・カロテノイド配合がおすすめ

ミニチュアピンシャーは小柄で華奢なわりに丈夫であまり病気もしないため、しっかり栄養・体重管理や運動量を確保しケアに配慮すれば、15年以上飼い主と人生を歩んでくれる長寿な犬種です。

とはいえ、シニア犬になると徐々に免疫力が低下し、激しいかゆみと脱毛などを伴う「皮膚炎」にかかりやすくなるほか、加齢とともに目の水晶体が白く濁って視力が著しく低下する、「白内障」を発症するケースも増えてきます。

ですので、皮膚を作るたんぱく質などの代謝に関わり、肌のターンオーバー(生まれ変わり)をサポートするビタミンB2、コラーゲン生成に働くビタミンC、肌の劣化抑制・抗酸化作用のあるビタミンA、血行を促すビタミンEなど、各種ビタミンを多く含む食材を使ったドッグフードがおすすめです。

また、ビタミンの一種であるカロテノイドは、抗酸化作用の強いβ-カロテンやリコピンを始めとするカロテン類と、ルテインやアスタキサンチンなどといったキサントフィル類に分けられますが、このうち目の網膜に存在するルテインは体内で生成できないにも関わらず、不足すると白内障はじめ様々な目のトラブルの原因となります。

ビタミン・カロテノイドともに、

  • ほうれん草
  • グリンピース
  • かぼちゃ
  • とうもろこし
  • にんじん
  • ブロッコリー

などの緑黄色野菜に、ルテインはベリー類に多く含まれていますので、これらが原材料として使用されているフードや、栄養補助として適量添加されているフードを選ぶと良いでしょう。

ミニチュアピンシャーにはどの程度の給仕量が必要?

ミニチュアピンシャーは、どんなフードを与えても旺盛な食欲でモリモリ残さず食べてくれる子が多いですが、愛犬の望むがままフードを与えていると肥満しやすい犬種、多少ぽっちゃりしてるくらいならと許容している飼い主さんもいますが、スリムで引き締まっているのがミニピン本来の姿ですし、生活習慣病になると寿命が短くなりかねません。

ミニピンの平均的体重は、♂・♀共に4~6kg、毎日朝夕30分程度の運動を欠かさず、折に触れてボール遊びなどにも付き合いながら、体重5kgをキープしたい場合の適切給仕量計算式は、以下の通りとなります。

イタリアングレーハウンドの適切な給仕量計算の方法は、あくまでも目安になりますが以下の通りとなります。

  1. ワンちゃんの体重(kg)を3回かける(体重×体重×体重)
  2. 1で出た値に対して、計算機の√(ルート)を2回押す
  3. 2で出た値に70をかける
  4. 3で出た値にワンちゃんの状態に合わせた【活動係数】をかける
  5. 4で出たカロリー量÷ドッグフード100gあたりのカロリー量×100

【ミニチュアピンシャー(成犬)の活動係数表】

年齢・状態 活動係数
健康な成犬 (避妊なし) 1,8
健康な成犬(避妊あり) 1,6
シニア犬 1.4

ですから、ミニチュアピンシャー(成犬去勢なし・体重5㎏)の場合だと、

  1. ワンちゃんの体重を3回かける 5×5×5=125
  2. 1で出た値に対して、√(ルート)を2回押す 125√√=3,343(以下略)
  3. 2で出た値に70をかける 3,343×70=234
  4. 成犬(避妊・去勢なし)の係数は「1,8」
  5. 3で出したカロリー×1,8=421カロリー

という計算で、「約421カロリー(※)」に相当するドッグフードが一日に与える適切な給仕量となります。

※100g辺りのカロリーはフードによって異なるためパッケージ等の表記を要確認

ご存知の通り、ミニチュアピンシャーは短毛の犬種ですから、シルエットだけで太っているか痩せているかすぐ判別できますが、脂肪よりも重いとされる筋肉の量が多いので、見た目のイメージより実体重が重いなんてケースが多々あります。

見た目スマートでも本当は目標体重を大きくオーバーしている、なんてこともありますから体重を管理する際はしっかり体重計で測定・確認してから、給仕量を調整してください。

2021年最新版!ミニチュアピンシャーにおすすめペットフード4選と口コミ・評判

ここからは、ミニチュアピンシャーのオーナーやこれから飼ってみたいと思っている方必見、ミニチュアピンシャーの特徴や体質を考慮したうえで、持ち味である活発で元気な姿を維持するためおすすめとなるドッグフードを、AmazonやYahoo!など大手通販サイトでの売り上げ実績やリアルユーザーの口コミ・評判をもとに厳選・紹介いたします。

第1位 至高のドッグフード

今回第一位として紹介する至高のドッグフードは、肥満しにくい体を育み関節や骨にとっての鎧となる筋肉のも世々なる良質なたんぱく質たっぷりのターキー・チキン・サーモンを約6割、眼病や皮膚病予防、さらに老化抑制など様々な効果が期待できるビタミンやカロテノイドを持つニンジンやイモ類を約2割、合計8割以上使っています。

さらに、健康な関節の成長や骨組織のターンオーバー(生まれ変わり)を促すことで有名なグルコサミン&コンドロイチン、抗酸化作用によって皮膚を強く毛を艶やかにするオメガ3脂肪酸など、骨・関節・皮膚に関わるトラブルが何かと多いミニチュアピンシャーのためになるその他の栄養素もしっかり配合されています。

ただ食欲旺盛なミニチュアピンシャーのこと、新鮮な肉・魚などを豊富に使った至高のドッグフードを気に入り、食べ過ぎてしまうのには注意、実は市販前のドッグフードでラインナップや価格帯、販売店などの詳細は公表されていませんが、愛犬の食事にこだわるオーナーたちの中ですでに話題となっているドッグフードです。

第2位 ロイヤルカナンCCNミニダイジェスティブケア

ミニチュアピンシャーは小柄なわりに屈強でたくましい体つきが特徴ですが、意外に胃腸が弱く、消化の悪いフードを食べるとすぐに下痢や便秘を起こしてしまいます。この「ロイヤルカナンCCNミニダイジェスティブケア」は、同社の調査で消化率90%以上とされる超高消化性タンパクを配合しています。

また、便の乱れは肥満の大きな原因になりますが、配合されているプレバイオティックスや食物繊維が腸内環境を整えてくれるほか、消化率が良いということは吸収率も良いということ、ミニチュアピン筋肉を維持し強く育てるにはまさにうってつけのドッグフードと言えます。

  • おなかの健康を維持したい小型犬におすすめ
  • 腸をキレイにする食物繊維&プレバイオティックス配合
  • 目の健康に役立つマリーゴールド由来のルテインも配合
参考価格 5,533円(税込・3kg)
100gあたり 約184円
カロリー 426kcal/100g
原材料 米、大豆油、植物性繊維、フラクトオリゴ糖、動物性油脂、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、大麦、コーングルテン、小麦粉、ビートパルプ、植物性分離タンパク(消化率90%以上)、肉類(鶏、七面鳥)、小麦、酵母および酵母エキス、魚油、マリーゴールドエキス (ルテイン源) など
原産国 フランス
対応年齢 月齢10ヶ月以上
サイズ展開 1kg/3kg/8kg
販売元 ロイヤルカナンジャポン

【口コミ・評判】

「こちらに変えてからというもの、軟便気味だったうちの子の便通がすっかり安定?しました。おなかの調子が良くなって元気が出てきたからなのか運動量が増え、最近ではちょっとばかりスマートになってきた気がしています。」

 

「こちらに変えてからは便秘が直り、本人?的にも体が軽いようで、部屋中所狭しと飛び回っています。しっかり便が出ているからか、下腹部がずいぶんすっきりしてきた気がします、やっぱり正しいお通じは大切ですね。」

 

【購入はこちらからどうぞ♪】

Yahoo!ショッピング

楽天

Amazon

第3位 ファインペッツ ドッグフード小粒タイプ

「ファインペッツ ドッグフード小粒タイプ」は、人間も食べることが出来る水準、いわゆるヒューマングレードの原材料を使用したドッグフードで、チキン・サーモン・鹿肉などアレルギーの原因になりにくくかつヘルシーな複数の肉を原材料の80%以上使用しているため、アレルギーリスクが低いうえ風味豊かでワンちゃんの食いつきも上々だと評判。

さらに、肉類を加工するときに出る頭・足・骨・内臓など処分されるべきものを含んだ「副産物(バイプロダクツ)」や、ワンちゃんが消化しにくい穀物、化学合成された添加物などは一切使用されていないため、皮膚が敏感なミニチュアピンシャーにも安心して与えられます。

残念ながら、ヤフーやAmazonなどといった通販サイトペットショップなどでは販売しておらず、公式サイトでしか購入できませんが、初回に限り1,5kgサイズが税込1100円、3kgサイズが税込3300円で購入できるお得なキャンペーンが展開中なので、気になる方は是非チェックしてみてください。

  • ヒューマングレードで安心
  • 低アレルギーかつヘルシーな主原料
  • 副産物・化学添加物ゼロ
参考価格 3,142円(税込・1,5kg)
100gあたり 約209円
カロリー 440kcal/100g
原材料 鹿肉、鶏肉、ポテト、セイヨウイラクサ、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、マンナンオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、全卵粉、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、オートミール、大麦、全粒米、鶏脂、昆布、パセリ、ローズマリー、豆類繊維質、リンゴ、グリーンピース、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、セイヨウタンポポ、甘草 など
原産国 日本
対応年齢 全年齢
サイズ展開 1,5kg
販売元 株式会社エヴリワンズ

【口コミ・評判】

「公式サイトでお試しキャンペーンをやっていたので試してみました。すこぶる食いつきはイイですし今のところ理想的な体重を保てていますが、若干お値段が高い。楽天やAmazonなどで安く出回れば定期的に購入したいところですが…。」

 

「公式サイトで定期購入しているものです。確かにやや高額ですが、安心と愛犬の健康を買っているとも思えば妥当かな。何より持病だった皮膚病がこちらに変えてかなり良くなってきたのがうれしくてうれしくて。」

 

【購入はこちらからどうぞ♪】

公式サイト

第4位 アボ・ダーム (AVODERM) スモールブリードチキン

最後に紹介する「アボ・ダーム スモールブリードアダルト」は、9kgまでの小型成犬専用のドッグフードでフードで、チキンを主体にたくさんの緑黄食野菜など高栄養価・高品質な原材料を使用しているため、食事量の少ない小型犬種でもバランスのとれた栄養を摂取できます。

中でも、メイン原材料の1つであるアボガドは、14種のミネラルと11種のビタミンはじめ、皮膚・被毛を健康に保つ不飽和脂肪酸を含んでいるため、人間用の美容・健康にも役立つと言われている栄養価の高い果物で、ギネスブックに「栄養の宝庫」を記されているほど。

また、たんぱく質を効率よく分解する酵素や、食物繊維の一種であるビートパルプを配合するなど、お腹が意外にデリケートなミニチュアピンシャーにピッタリの高品質な総合栄養フードです。

  • 少ない食事量でもしっかり栄養補給可能なバランスフード
  • 「栄養の宝庫」と呼ばれるアボガドを使用
  • 風味の異なるラム使用タイプあり
参考価格 3,700円(税込・2kg)
100gあたり 約185円
カロリー kcal/100g
原材料 乾燥チキン、鶏脂肪、ビートパルプ、米糠、乾燥アボカド果肉、チコリー根、卵、トマト繊維、玄米、白米、オートミール、ナチュラルフレーバー、アルファルファ、亜麻仁、塩化カリウム、塩、海藻 など
原産国 アメリカ
対応年齢 全年齢
サイズ展開 2,2kg/5kg
販売元 Biペットランド

【口コミ・評判】

「うちのミニピンはシニアになってやや食欲が落ちてきたん藻関わらず、それとは反比例して運動量がガクンと減り太り始めてきたので心配していました。そんな時、先輩飼い主さんから食いつき良く、しかもヘルシーだからおすすめだと言われこちらを試してみました。すると、食欲がかなり回復して若さを幾分取り戻し、昼間ずいぶん動くようになったおかげで健康的に体重を減らすことができました。」

 

「子犬用から成犬用にスイッチするにあたり、今いろいろなフードを試している最中です。今のところ体長に変化はない、という掛波が何だかツヤツヤと輝きを増してきたような☆美容と健康に良いとされるアボガドの効果かしら…、ともかくしばらく続けて様子を見たいと思っています。」

 

【購入はこちらからどうぞ♪】

Yahoo!ショッピング

楽天

Amazon

ミニチュアピンシャーのペットフードに関するQ&A

Q:うちのミニピン(4歳・♂)はなかなか噛みくせが直りません。エサやおやつのあげ方で噛みくせを治せると聞きましたが本当でしょうか?
A:絶対に直るとは言えませんが、エサやおやつのあげ方を工夫することがかなり有効なしつけ方法になるのは確かです。ワンちゃんをしつけには、してはいけないことをしなかった瞬間に喜びを与える方法と、してはいけないことをしてしまった瞬間不快を与える方法の2つがあり、噛みくせを治すには前者が有効とされています。そして、ミニチュアピンシャーはとても食欲の強い犬種ですので、電源コードや家具などを噛まずに我慢できたら、間髪入れずフードやおやつを与えると、「噛まなかったらいいことがある!」と覚え噛みくせが直るケースもあります。
Q:ミニチュアピンシャーの飼い主です。しっかりカロリー管理をして給仕量を守り、おやつもそんなに与えていないのですがどうしても太ってしまいます。何がいけないと考えられますか?
A:まず運動量が十分足りているか見直してみてください。同じ小型犬であるミニチュアダックスやコーギーなどと同じ程度では消費カロリーが足りないので、徒歩での散歩だけではなく広いスペースで走り回らせたり、飽きるまでボール遊びに付き合うなど、それなりに激しい有酸素運動を組み込んであげましょう。また、筋肉を作るたんぱく質が不足している時も肥満してしまいますから、特に運動量の多い若いワンちゃんはフードに記載されている原材料・栄養価表記を確認したうえで、良質な動物性たんぱく質がたっぷりとれるフードを厳選し与えるようにしましょう。